娘のことについて相談しに病院へ

2020.2.6(木)のこと

娘の受診、見通しが立ってきた

娘には生まれつき、持病というか「本人が気にするだろうな」という身体的な特徴がある。
親としてできる限りのことをしてあげたいと思っている中で、今日は私一人で病院へ相談に行った。

主に手術をするか否か、するとしたらの話。
スケジュールやお金のこと、前例の話を聞いたり。

あらかじめ聞くことを整理しておいたから、判断するのに必要な情報が揃ってよかった!
まだ決断するための準備があるんだけれどそこもスムーズに話進められそう。

今年に入ってから働き方や生き方について

「何のためにやるのか」
「どうしてできないのか」
「どうすればできるのか」

ことあるごとに考えるようになったんだけれど、この思考法のおかげで納得のいく決断がしやすくなってきている気がする。
目的と言語化、やっぱり人生の満足度をあげるために大切だな。
夫と相談して次の準備進めねば。

ベレー帽褒められる

病院の帰り、駅のホームで待っていたらおしゃれなマダムに声をかけられた。
「そのベレー帽、素敵ねぇ」
若い頃はよく被っていたという昔話から今の髪型、ファッションについて。

自分はおしゃれに興味あるのに美意識が低くて、痩せたいとかお化粧楽しみたいとか思うのにできてないなーって思っていたところ、なんとなくきっかけというかヒントをもらった気がした。

普段はそういう人に話しかけられても1.2言で話終わるのに、電車来るまでやりとりが続いて新鮮だったな。
やっぱり歳をとるって悪いことだけじゃないなって思ったし今できる楽しみ方ってあるんだよなってマダムの経験談を聞いて感じた。

関係ないけれど「それ素敵ですね」って私も通りがかりの人に言いたくてウズウズするときあるわ。
香水とか「どこのですか?」ってたまに聞きたくなることもある。

やりたいことリストを真剣に作成中

2月に入って、やりたいことリストを本気で作っている。
正確には、去年書いていたものを整理して書き直してる。
なんでこれがやりたいの?っていう項目ばっかり。
そういうツッコミ入れたくなるということは自分が変化したということか。

「そういう理由があるなら是非やりたい。」
「それならできそう。」
くらいまで一つ一つをより具体的に、一生のうちやりたいことと今年やりたいことに振り分けてる。

どう成りたいか以上にどう在りたいか、わかっているようで全然掴めなくて手が止まり思いつき、やっぱり違う?と考え直すことの連続。

先日やったつくりおきの会とか朝活とか、自分が突き動かされる動機があると飽きっぽい私でも続くって学びがあったから、そこを先にはっきりさせているのは遠回りで遠回りじゃない気がしてるんだよな。

そうはいっても今月中にお仕事受注するのも目標!
アウトプットとインプット、と整理。そのバランスを日々模索してる感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です