【なんとなく転院を考えている人へ】理想の主治医を探そうとしない方がいい理由

20代前半からメンタルクリニックにお世話になっていて、ここ数年も月イチで通院しているしらお(30)です。

過去3人の方に主治医になっていただきました。
20代前半は仕事でメンタルを病んだことにより双極性障害を発症しての受診。
(今では寛解した…はず)
このクリニックでは先生を1度変わってもらって2人。

そして今は発達障害にまつわる通院。
先述した病院とは別のクリニックで、初診で担当してくれた先生が一度も変わらずに主治医をしてくれています。

トータル4〜5年、メンタルクリニックにお世話になっている身として最近気付いたこと。
それは、理想の主治医はどこかにいるのではなく、なっていくものなんだろな〜ということ。

この記事がお役に立てそうな人
・今の主治医が可もなく不可もない
・もっと相性のいい主治医がいるのでは?となんとなく転院を検討している
・主治医を変えることのデメリットが思い浮かばない

本記事ではそんな「漠然と」主治医を変えたい人に向けて理想の主治医を探そうとしないほうがいい理由をお伝えます。

しらお

結論!遠くの相性いい主治医より、近くのぼちぼちな主治医

ちなみに!
今の主治医を何が何でも変えるなってことではありません。
生理的に無理だったり、どうしても許せないことを言われたりされたなら話は別です。

理想の主治医を見つけようとしない方がいい理由

評判の良し悪しと相性は別問題だから

理想の人はどこにいる?
そう考えたとき、まず検討材料にしたくなるのは口コミですよねー。
先生一人ひとりの情報を得るのは難しいから、ひとまずクリニックの評判を調べたりします。

でも「他人の評価」と「自分の感じ方」が同じとは限りません。

実際、行ったことがある病院のレビューを見たとき、自分は誠実に対応してもらったと感じたのに「あそこの医者は感じが悪い」と書いてあることがありました。

クリニックの評価が低かったとしても自分にとってはいい病院ということがありえます。

たとえば私の主治医はとにかくドライで淡々としているのですが、その方が余計な気を使わずに話しやすいと感じる人もいれば、冷たい印象で本音が話しづらいと感じる人もいます。

評判がクリニック、ひいては主治医を見つける材料として怪しいとなると、絞り込みが難しいです。
数多あるクリニックを片っぱしから受診するの?ということになります。

しらお

隣の芝生は青くみえるよね……

評判のいいメンタルクリニックは予約待ちが大半だから

そうはいってもあまりに悪評ばかりのクリニックは遠慮したくなります。
そして評判のいいクリニックは大体予約で埋まっています。

奇跡的に通院できるとしても予約のスケジュール変更がしづらい可能性が高い。
発達障害の民としてはプレッシャーですよね……。
通院が続けられない可能性が上がります。

安易な転院はしたあと安定するまでに想像以上のエネルギーが要ります。

相性が良くても遠いと通院が続かないから

元も子もないですが、アクセスの良さがなにより大事!って人は多いはず。
私は先延ばしグセがあるADHDなので、遠い場所に定期的に通うってハードル高いです。

遠くの相性いい医者より、近くの嫌じゃない医者。
お薬を飲むとなったらなおさら通院の継続が大事なので、行きやすさも立派な条件になります。

初診料と紹介状の料金がバカにならないから

メンタルクリニックの初診料。
3割負担で大体3000円前後になるそうです。

そして紹介状という診療情報を転院先に提供する書類にもお金がかかります。
病院によって異なり、1通数百円〜数千円。参考記事

金銭的にも負担がかかりますね。

主治医はあくまで伴走者、ランナーはあなた

  • 評判の良し悪しと相性は別問題
  • 評判のいいクリニックは予約が取りづらい可能性
  • 初診料と紹介状で金銭的な負担
  • 相性が良くても遠いと通院が続かない

以上4つの理由で、理想の先生に当たるまで主治医を変えるのは、コスパが悪いです。
(コスパでものを語るのは好きじゃないんですが)

なんというか…そこにエネルギー使う余力がないからメンタルクリニック通院してるわけで、本末転倒感がありませんか?

主治医はよりよい人生のための伴走者だとすれば、ランナーは自分。
伴走者選びに気をとられるランナーを想像すると……う〜ん???

今の主治医と関係を築いていこう!
じゃあ、具体的に何する?と思った方はこちらへ。

発達障害の私が主治医と信頼関係を築くためにしている工夫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です