2歳児と絵本の読み聞かせが成立しない悩みから解放されるまで

2歳9ヶ月の娘と一緒に絵本を読みたい。
正確には、娘に絵本を読み書かせたい。

のに、成立しない!

読んでる途中でページをめくられる不完全燃焼感。
なんなら読みはじめると怒られる。

生まれてからずっとこの調子で、本が好きな自分としては長いこと苦痛だった。
イライラしていた。
「じゃあもういい!」って逆ギレすることも。

この記事では絵本の読み聞かせが成立しないことがしんどいと感じていた しらお(@zitsuha_inu)の、気持ちが楽になるまでの経緯をまとめています。

結論らしき結論はないけれど、怒りを通り越して感情の波が立たなくなったら意外とチャンスなのかもなと感じました。

しらお

自分の願いを子どもに押し付けない

怒り悲しみを通り越して、無。

娘が1歳の頃に学生時代の友人から「よるくま」という絵本をもらった。
数少ない、娘がイヤがらず読んでくれる絵本。

先日 本屋をうろうろしていたら、よるくまの新作を発見!
これなら娘も喜んでくれるはず!意気揚々と買って帰った。

帰宅後、娘は興味を示して読んでくれた。
でも一回読んだら それ以降は「読みたくない!」

なんでだ!!!

 

なんかめちゃくちゃ悲しくてさぁ……
怒りや悲しみを通り越して……落胆?虚無?

とにかく やりきれない思いで感情が動かなくなった。無。
でも、そのおかげで妙に冷静になれた。

自問自答のスタート

子どもの好みを無視していたのかも

まず考えたのは「娘の好みを考慮して絵本を選んでいるっけ?」ということ。
自分が読んであげたい本選んでない?という問い。

娘の好み……今のところ観察するに、

  • トーマス図鑑
  • クーとマー シリーズ
  • ウォーリーをさがせ
  • おむつのなか、みせてみせて!
  • コロちゃん シリーズ

そして共通点は以下のどちらか。

  • 仕掛けがある
  • 「◯◯だ!」と、知っているものを指差しできる

文章やイラストの好み?はよく分からないなぁ。
上記の条件を満たしていても興味示さなかったものもあるし。

私が読もうって誘う絵本はこの共通点を満たしていないことがほとんどだって気付いた。
考慮しているつもりだったんだが……。

娘の心境を想像すると、ハリーポッターとかファンタジー系好んでいるのにゴリゴリのノンフィクションやエッセイばかり勧められて、断ったらキレられている感じ?

この例えが思い浮かんで、我ながら理不尽なことしていたのかも気づかされた。

自分の願いは自分で受け止める

とはいえ誰かのために買うものって、多少なりとも買う側の好み・価値観が反映されるのは当然だよなとも思う。
だから「読み聞かせしたい」っていう私の思いも悪いことじゃないぞと自分で受け止めることにした。

でも、ただ受け止めるだけ。
その思いを娘に押し付けようとするのは違うって分かるよね?となだめるイメージ。

「読み聞かせしたい」っていう私の願いと娘の興味。
それが今のところはマッチしていないだけなんだと思ったら腑に落ちた。
これからも娘は興味を持たないかもしれないけれどその時はその時だ。

本音は誰も傷つけない

そして自分の気持ちを深掘りした結果、私が良いと思ったものを娘にも気に入ってほしいという本音にたどり着いた。

自分の気持ちを表層で理解しようとすると
「なんで読んでくれないの!(怒り)」
「ママはこの本を読んで欲しいの!(怒り)」
「ママの選んだものじゃ気に入らないんだね!もう知らない!(拗ね)」
「じゃあどうすりゃーいいのよ!(憤り)」

なんだけど…。

その奥に
「楽しい時間を共有したい気持ちがぁ~(泣)」
「私が気に入ったもの、あなたも気に入ってよ〜(もじもじ)」
「喜んでほしいだけなのに~(愛?)」

って健気な本音が。

本音を自覚した途端、娘が絵本を読んでくれないという悩みが悩みじゃなくなったというか……なぜかとても気が楽になった。
正直驚いている。

自分は変えずに他人は変わってだなんて……

無理!っていうか、筋が通らない!

「私は相手に何を望んでいるんだろ?」
「相手の立場になって想像したら、自分のしてることってどうなんだろ?」
「それってそもそも悩むようなこと?感じ方は人それぞれってだけの話では?」

ってな具合に気持ちを深掘りしたり状況を俯瞰して見てみると、「気持ちは分かるが まぁ落ち着けよ」って自分に温かいお茶を淹れてあげたくなるかも。
実はそんなこと思ってるの?なんて、健気にジタバタする自分が可愛く思えて楽になるかもよって話でした。

年明けたら娘を連れて神保町行ってみる。
娘が読みたい絵本は娘に選んでもらうことにして、私は私が読みたい本を私に買ってあげようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です